分析化学技術者養成コース

分析化学技術者養成コース

化学分析の基礎の習得を目的としたプログラムです。

多岐にわたる研究関連業務において、業務をスムーズに遂行していくための基礎知識の習得や、一人ひとりのレベルに応じたスキルアップなどを行います。短期間で無理なくできる充実した研修です。

説明会や体験研修も随時開催しております。

研修の受講をご検討中の法人・個人の方々を対象に、説明会や体験研修を随時開催しています(無料)

説明会の開催日程のご確認はこちらから

研修プログラム概要

この様なニーズに対応しています
・分析技術における不安を解消したい
・計画や時間管理、安全管理など、実験を行う上で必要な知識を身につけたい、身につけさせたい

研修内容

研修センターにより受講内容が多少異なります。

1日目
講義
  • ①基礎化学
  • ②HPLC原理
  • ③HPLC装置
  • ④定性・定量分析
  • ⑤バリデーション(信頼性)
  • ⑥食品分析法
2日目
講義
  • ①GC原理
  • ②GC装置
  • ③実験マニュアル [講義]臨床開発概論
  • ④実験を安全に行う前に
3日目
TLC(薄層クロマト)実習
  • ①TLC法の説明
  • ②TLC法での定性分析
    • ・医薬品の定性
容量分析(滴定)実習
  • ①滴定の説明
  • ②滴定による容量分析・有機酸の定量
4日目
吸光光度分析実習
  • ①pH緩衝液作成
  • ②お茶中のポリフェノールの定量または色素の定量
5日目
HPLC(島津社製)実習
  • ①HPLC装置・操作法の説明
  • ②分析条件の最適化
    • ・移動相組成を変化
    • ・保持時間の変化
    • ・グラジェント法
    • ・パラメータの理解
  • ③p-ヒドロキシ安息香酸エステル4種(パラベン)の分離(定性分析)
6日目
HPLC(島津社製)実習
  • ①カフェインの定量
    • ・絶対検量線法の習得
    • ・標準試料の調製、希釈操作
    • ・実試料(緑茶、紅茶、コーヒー)の前処理法
    • ・検量線の作成
    • ・ソフトウェア(LCSolution)操作法の習得
7日目
UPLC(Waters社製)実習(定量分析)
  • ①UPLC装置・操作の説明
  • ②ソフトウェア(Empower)の説明
  • ③多波長UV検出器の説明
  • ④インスタント緑茶中のカフェインの定量
    • ・試料の前処理
    • ・信頼性確認(SST)面積より標準偏差と相対標準偏差を算出
8日目
UPLC(Waters社製)実習(定量分析)
  • ①医薬品(解熱鎮痛剤)の成分定量分析
    • ・信頼性確認(再現性、分離度)
    • ・実試料前処理法
  • ②多波長UV検出器(PDA)の利用
    • ・ソフトウェア(Empower)操作法の習得
9日目
GC(島津社製)実習
  • ①キシレンの定性分析
    • ・GC-FIDによる化合物の同定
    • ・ソフトウェア(GC Solution)操作法の習得
    • ・面積百分率法、修正面積百分率法による濃度計算
10日目
GC(島津社製)実習(定量分析)
  • ①チモールの定量分析
    • ・信頼性確認(再現性、分離度)
    • ・内部標準法の習得
    • ・標準試料の調製、希釈操作
    • ・検量線の作成
    • ・ソフトウェア(GC Solution)操作法の習得

研修要領

受講対象 化学分析に関する基礎知識・実務の習得を目指す方
期間 通い10日間コース※経験・スキルによりコース内容の一部変更なども可能です。詳しくは受講希望のセンターまでお問合せ下さい。
開催時間 9:00~17:00
受講費用 東京・大阪・福岡研修センター・・・10日:15万円※税別
つくば研修センター・・・10日:15万円※税別
開催場所 つくば研修センター
東京研修センター
大阪研修センター
福岡研修センター

お申し込みフォーム

以下の項目にご記入の上、最下部の[送信]ボタンを押してください。
お申し込み後、弊社より受講手続き完了のご連絡、および日程に関する確認のご連絡をさせていただきます。
(*が付いている項目は必ず入力して下さい)

分析化学技術者養成コース

オーダーメイドについて
オーダーメイドを希望
※受講可能日程については、追って弊社よりご連絡させていただきます。
性別
お名前または法人・団体名 *
フリガナ *
年齢 *
現在の就業形態 *
貴社名(法人・団体のお客様のみ)
部署(法人・団体のお客様のみ)
郵便番号 *
ご住所 *
電話番号 *
本人連絡先(携帯・PHS) *
E-mail *
E-mail(確認用) *
受講を希望する拠点 *
研修についての ご意見・ご質問
お問い合わせ先
東京・つくば:0120-464-880
大阪:0120-681-611
福岡:0120-265-117
E-mail info@advan-t.com
お申込みを希望される方は、以下のお申込み同意条項をお読みいただき、同意された上で、
「お申込み同意条項に同意する」をチェックして、お申込み画面にお進みください。

個人情報のお取扱について

アドバンテック株式会社
アドバンテック研修センター株式会社
代表取締役 北村 浩樹

  1. 申込書にご記入いただいた氏名、住所等(以下、個人情報)は、同意されたお客さまにアドバンテック株式会社が受講管理及び必要に応じて各種講座のご案内をさせていただく為にのみに利用させていただきます。
  2. お客様からお預かりした個人情報は、原則的に第三者に開示・提供することはありません。但し、あらかじめお客様のご同意を得た場合、司法・行政機関から法的義務を伴う要請を受けた場合を除きます。
  3. 弊社のサービスを遂行する上で必要な業務委託先(データ処理、配送サービスを委託した企業など)へのお客様の個人情報を委託する場合がございますが、弊社が基準として定めた守秘義務契約を締結し、個人情報保護に万全を期します。
  4. 個人情報のご提供はお客さまの任意であり強制するものではございませんが、講座申し込みに最低必要となる情報のご提供がいただけない場合は、一部サービスの提供が制限される場合がありますのであらかじめご了承ください。
  5. お客様にはご自身の個人情報について、利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加又は削除・利用の停止・消去及び第三者への提供の停止を求めることができます。前述の手続きをご希望される方は、下記までお問合せ願います。
  6. 当社は、次の方法により取得した個人情報を利用し、お客様に連絡させていただいております。
    (1) 個人情報の入手方法 :インターネット経由によるEメール申込又はFAX申込又は電話申込
    (2) 利用目的の公表先 URL http://www.advan-t.com/privacy/

連絡先
E-mail:kanri@advan-t.com
TEL:06-4807-5710 (平日9:00~17:00)

キャンセル規約

お客様のご都合が悪くなり次第、必ず弊社までご連絡ください。お客様からのご連絡をもってキャンセル手続きをさせて頂きます。
キャンセル料金詳細は、以下のようになっております。

≪キャンセル料金について≫

後述します特殊なケースを除き、以下のようにキャンセル規定を定めさせていただきます。

お客様の都合によりキャンセルされる場合

受講初日の2営業日前以降のキャンセルは、受講料金は返金できません。
●お支払いいただいている方は全額をご返金させていただきます。
●キャンセルをお申し出の際、お振込み先口座をお知らせください。
●お支払いがお済でない方はお振込み指定口座にお振込みください。

連絡先
E-mail:kanri@advan-t.com
TEL:06-4807-5710 (平日9:00~17:00)

特殊なケースについて

自然災害やストなどにより公共交通機関に乱れが生じたり、運行が休止されたりした場合は、やむを得ぬ事情としてキャンセル料は発生しません。

秘密保持規程

受講者(以下「甲」という。)とアドバンテック株式会社(以下「乙」という。)および乙の子会社のアドバンテック研修センター株式会社(以下「丙」という。)とは乙・丙が甲の教育研修を請け負うに当たって相互に交換する情報の秘密保持について、次の通り契約を締結する。

第1条(定義)

本契約で言う情報とは、文書、口頭その他の方法の如何を問わず、甲または乙・丙より相手方に対し開示されたすべての情報を言う。但し次の各号のいずれかに該当するものについては、この限りではない。
(1)本契約締結前すでに情報受領者が所有していたもの
(2)本契約の締結前及び締結後情報受領者の責によらずして公知となったもの
(3)情報受領者が正当な権限を有する第三者より秘密保持の義務なく入手したもの
(4)情報提供者が特に秘密保持の必要がないと認めたもの

第2条(使用目的)

甲および乙・丙は、相互に交換する情報について、甲が乙・丙に委託する甲の教育研修の目的のためにのみ使用し、その他の目的に使用してはならない。

第3条(秘密保持義務)

甲および乙・丙は、相互に交換する情報を厳に秘匿し、互いの書面による承諾なくこれを第三者に開示もしくは漏洩してはならない。

第4条(事故報告義務)

甲および乙・丙は、相互に交換する情報の漏洩、情報の記載された貸与書類等の紛失の事故が発生し、又それらの疑いがあったときは、適切な措置をとるとともに詳細を直ちに相手方に報告しなければならない。

第5条(損害報告)

甲および乙・丙は、本契約に定めた条項に違反し相手方に損害を与えたときは、相手方が被った損害を賠償するものとする。但し本契約上の義務の履行につき過失がなかったことを証明したときはこの限りではない。

第6条(有効期間)

本契約は、乙・丙が甲の社員の教育研修を終えた後、2年間は効力を有するものとする。

第7条(協議事項)

本契約に定めのなき事項及び解釈に疑義が生じた場合は、甲乙丙協議の上、解決するものとする。

全てのお申込み同意条項に同意する*